体力が衰える理由

体力が衰える理由

体力が衰える理由は、加齢ですが、加齢とは体が老化することです。

その老化の原因はというと、体の細胞が酸化させれらることだと言われています。
酸化とは何かというと、金属が錆びる、あの酸化と同じ事です。

なんと人間の体の細胞も錆びてしまうのです。
これには活性酸素という成分が大きく関わっています。

人間は呼吸の際に酸素を体内に取り込みます。取り込んだ酸素は様々な
エネルギーに利用されるのですが、その一部が活性酸素という成分に変化します。

この活性酸素が我々、人間の細胞を酸化させてしまうのです。

細胞が酸化すると、老化の原因となったり、癌などの病気の原因になるといわれて
おり、近年、注目をあつめています。

本来、人間の細胞は150歳くらいまでは生きるようにインプットされているよう
なのですが、この酸化が原因で、老化や加齢により死亡します。

人間には、酸化を防ぐ抗酸化の作用を本来もっているのですが、この作用も
加齢によって衰えていきます。その結果として酸化が進んでしますのです。

なので歳をとればとるほど、抗酸化作用をもつ成分を外部から摂取することが
健康な体を維持するためにとても大切なことなのです。

生きているものが加齢とともに衰えるのは、自然の摂理ですが、衰えるスピードを
調節することは自分たちにもできるのです。

copyright(C)活発生活!