レビトラの作用と効果

レビトラの作用と効果

バイアグラの強化版と言われて登場した第2のED治療薬、レビトラはドイツのバイエル製薬によって開発された治療薬で、特徴にはバイアグラよりも早く効果が現れるという点が挙げられます。

しかし、バイアグラの強化版と言われているのは、飲食による効果の減弱が少なくなったという特徴からなのです。

また、現存するED治療薬の中でも最も効果が強いとされているのもレビトラなのです。

バイアグラで最も効果が高いのは50mgですが、レビトラの20mgの方が強く効果が現れるというデータもあります。

したがって、適正な使用量とされている範囲で、十分な効果を得ようとするならばレビトラの20mgから試すと良いと思います。

その効果の高さから、重度のED患者の間でレビトラの愛用者が多いとされています。

レビトラの有効成分は塩酸バルデナフィル水和物ですが、バイアグラに使用されているシルデナフィルと酷似した化学構造式を持つので、基本的に作用機構は同じです。

両方とも血管拡張作用があり、男性器への血流を増加させるという働きがあります。

シルデナフィルよりも水に溶けやすいという特徴があるため、約50分程度で効果のピークが現れると言われています。

リピーターになる男性が多いとされていますし、ED治療にレビトラを使用することは賢い選択だと思います。

copyright(C)活発生活!