ストレスからのED

ストレスからのED

最近は、若い人のEDが増えているようで問題になっています。

EDとは勃起不全のことで、この症状になると正常な勃起ができにくくなるため
満足いく性行為ができなくなるといわれています。

若い人のEDの原因はストレスだといわれています。

基本的にEDは中高年の男性が中心の症状でした。その理由は加齢などにより
高血圧や高脂血症などになり、その結果、陰茎にうまく血流を流し込むことが
できない為、勃起ができにくくなります。

ですが若い人の場合、血管に問題はないのですが、精神的なストレス、緊張などが
原因で勃起ができなくなっているのです。

勃起をする際は、リラックス時に働く副交感神経が働いているのですが、
過去の性行為のトラウマや極度の緊張をしている場合は、緊張時に働く交感神経が
働いてしまうのです。

そうなると正常な勃起をすることが困難になります。
また勃起できたとしても、すぐに萎えてしますうのです。

そういった場合にはリラックスすることが大事なのですが、そう簡単にリラックス
できるようにはならないのも事実です。

こういった症状の場合、一度自信をつけることで、改善したりします。
その為、バイアグラなどの勃起薬を使用し、一度成功体験を植え付けることが
できれば、改善できることが多いのです。

copyright(C)活発生活!